合格(うか)るが勝ち

合格(うか)るが勝ちとは思っていない東大生凡人ブロガーが、東大生にしかわからない東大事情や受験情報について書き記すブログ

東大入試英語の問題形式と戦略を東大生が解説!【東大受験生必見】

 

東大入試は難しいという印象がありますが、実は、東大英語において、超長文の読解があったり、単語帳に載っていない単語が大量に出題されるといったことはまずありません。

しかし、出題内容は多岐にわたっています。入試に自由英作文やリスニングが課されるという大学は少ないのではないでしょうか。そして、東大入試の英語の試験では、それらのバリエーションに富んだ問題を120分という短い時間でこなす必要があるのです。

 

そんな東大英語で合格ラインに達するためには、それぞれの問題の形式を把握し、問題ごとにしっかりとした対策、戦略をとっていく必要があります。そこでこの記事では、東大生である私が、東大入試英語の問題形式と戦略について解説していこうと思います!

 

(ちなみに東大入試英語で上位1割に入った合格者は、入学後に3か国語の習得をめざすTLP制度の受講資格が得られます。TLPについてはこちらの記事からどうぞ! )

www.asuka-ukaru.com

 

 

はじめに―東大入試英語の形式と概要

 

東大英語は例年、5つの大問で構成されています。大問1(A)が要約問題、大問1(B)が段落整序、大問2(A)(B)が自由英作文、大問3(A)(B)(C)がリスニング、大問4(A)(B)が文法問題や英文和訳、大問5が長文読解といった形式です。

試験時間は120分で、開始45分経過後にリスニングが30分間あり、その後45分の試験時間が残るといった感じです。時間は想像以上に短いので、時間配分の練習をしっかりとしておきましょう。

 

ここからは、東大入試英語の形式について解説していきます。受験学年の方で、東大入試に特化した英語の対策法を知りたいという方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

www.asuka-ukaru.com

(高1、高2の方は、↑の記事ではなく、まずは本記事を最後まで読んで、東大英語の形式をつかんでみてください。) 

 

 

大問1―要約問題・段落整序

 

大問1(A)では、要約問題が出題されます。要約問題は、1ページ弱(のことが多い)の長さの英文を読み、日本語100字程度で要約するものです。英文をただ読むだけでなく、内容を把握して、その要点を的確にまとめる必要があります。

文章は難しいものではないので試験開始10分以内で片付けたいところですが、そのレベルに達するまでにはかなりの練習を要するかと思います。

 

大問1(B)の段落整序は、4段落ほどが埋まっていない長文を読み、後ろにある4段落の選択肢を並び替えてその空欄に当てはめていく問題です。

解いてみるとわかるかと思いますが、4つの段落の文脈を読み取って正確に並び替えるのはなかなか難しいです。(テクニック的なのもありますが、それが通用しない問題も多い。)

そしてこの問題は東大入試独特の形式で、(文整序であれば稀にセンター試験等で出題される年もある)、練習問題も少ないです。

 

英文の分量が多い上、しっかり対策しても確実に正答できる人は少ないので、大問1(B)は後回しにして一番最後に解くという人が多いです。(最悪の場合でも、記号問題なので勘で埋めることもできる)。20分弱で解ければ御の字かと思います。

 

大問2―自由英作文

 

年によっては(A)にて和文英訳が出題されることもありますが、基本的には2題とも英作文です。

 

(A)では絵や写真をみて状況を記述させたり、登場人物の会話を想像して書かせたりという問題が出ることが多いです。

(B)ではあるお題に対して賛成か反対かといった自分の意見を書かせる出題がされることがほとんどです。

 

難しい文型や単語を使うよりも、自分が確実に正確に書ける文を使うことが大事です。また、特に(B)の形式の問題では、自分の意見を書くにあたっての構成の「型」を守ることもポイントだと思います。語数は2題で100~140字程度です。

 

こちらの記事にて、東大で出題される英作文の対策法について解説しているので、英作文の勉強法で悩んでいる方は参考にしてみてください。

www.asuka-ukaru.com
 

大問3-リスニング

 

 

試験開始45分後から30分間行われます。配点が30点と高いので、確実に点数をとれるようにしておきたいところです。リスニングの学習法については、こちらの記事で詳しすぎるくらいに説明しているので、ぜひご覧ください!

 

asukask.hatenablog.com

 

また、リスニング開始前には5分ほど時間を確保して、リスニングの選択肢を読んでおく時間を取りたいところです。これによって、余裕を持ってリスニングに取り組むことができます。

 

大問4―文法・和訳問題

 

東大入試英語のなかでは、最も対策がしやすいところです。

 

(A)の文法問題では語句整序や不要語(もしくは誤り)指摘の問題が出されることが多いです。基本的な文法をしっかりと把握していれば特別な知識は必要ありません。

しかし、特に不要語・誤り指摘はあまり問題演習の機会がないこともあり、苦手に感じる人も多いようです。しっかりと問題演習をして、本番で出題されても面食らわないようにしましょう。

 

(B)の和訳問題は、短い英語の段落を読み、その中のある文章を訳させるということが多いです。これは段落の文脈もしっかり把握して解答するべきということですから、その点が採点者にしっかりと伝わるような解答をこころがけましょう。

 

時間配分的には、この大問4は(A)(B)を計10分強で終わらせたいところです(ただ、このためには結構な量の練習が必要です)。点数が確保しやすいので、大問1(B)を後回しにした代わりに大問4を先に解くという戦略をとる人も多いです。

 

大問5―読解問題

 

2ページほどの長文読解が出題されます。

この問題が特殊なのは、多くの年で物語文が出題されることです。突然登場人物の会話から始まって状況が全く把握できなかったり、主語が明記されていないためにどの登場人物の行動なのかが分かりにくかったりするので、その点に対応できるように練習しておきましょう。20分前後で解けるようになるとよいですね。

 

英文読解問題が苦手な方は、こんな記事も参考にしてみてください。

asukask.hatenablog.com

 

まとめ

 

東大入試の出題内容の広さがお分かりいただけたでしょうか。しかし、決して難しい知識が必要なわけではなく、基礎知識の積み重ねで合格している人が大多数です。この基礎固めは、高1、高2のうちに終えておくことをおすすめします。(高1、2の方は以下の記事も参考にしてください。高3の方は上で紹介してきた記事を読んでいただけると良いと思います。)

www.asuka-ukaru.com

 

ただ、東大の英語試験は、分量が多いという特徴もありますので、東大の出題形式にとにかく慣れ、時間配分の練習をしておくことが大切です。駿台や代ゼミからは、東大模試の過去問も出ていますので、練習におすすめです。

 

 

英語は文系でも理系でも必須の科目で、配点も高いですので、しっかり学習し、受験を有利に進めていきたいところです。受験本番での英語を含めた各科目の目標点についても、こちらの記事を参考に、戦略を固めていってくださいね。

 

asukask.hatenablog.com

 

 受験生の方はこちらの記事もどうぞ!

 

www.asuka-ukaru.com

www.asuka-ukaru.com