合格(うか)るが勝ち

合格(うか)るが勝ちとは思っていない東大生凡人ブロガーが、東大生にしかわからない東大事情や受験情報について書き記すブログ

東大生が東大の各学部の雰囲気や特徴について説明する(理系編)

 

www.asuka-ukaru.com

 

上の記事で紹介した文系編に引き続き、本記事では東京大学の理系学部について、各学部の特徴や雰囲気を解説していきたいと思います。東大理系の1、2年生は特に、進学選択のときに志望先を迷っている人が多いイメージなので、当然ですが、各学部が出している情報も参考にしてください。

 

また、進学選択については次の記事からどうぞ。

www.asuka-ukaru.com

 

受験生のかたは、受験前になんとなくでも各学部の雰囲気を知っておくと、東大での学生生活がイメージしやすいですよ!

 

 

理学部 (理科Ⅰ類からの進学者が多い) 

 

東大の理系学部に進学するにあたっては、理Ⅰからでも理Ⅱからでも、進学しやすさに大きな違いはありません。(※医学部を除く)

数理・情報・物理系の専攻を志望する場合は理科Ⅰ類、生物系の専攻を志望する場合は理科Ⅱ類、化学系の専攻を志望するならどちらでも、という感じでしょうか。(各科類の特徴については次の記事でも解説しています。)

www.asuka-ukaru.com

 

文系から進学する場合には要求科目(または要望科目)があり、1、2年のうちに数理科学や力学、構造科学などの科目をとらないと進学できないので、それがネックとなり文系からの進学者はあまりいません。(それでもそれをやり遂げる人が毎年いる)

 

キャンパスは専攻により本郷、駒場、浅野(本郷と弥生キャンパスの間。根津が最寄り駅)のいずれか。

駒場には数学科のキャンパスがあり、「数理病棟」とネタにされていたりする。(数学徒になるための手術に失敗すると精神を病むと言われているため。)

 

想像はつくことと思いますが、女子率はやっぱり低いです。数物系の専攻は特に。

4年生になると、研究室に配属されて、そこで研究を行うことがほとんどとなります。共同研究や学会発表を通じて、研究室内でのつながりが強化されていくようです。

 

進路としては、多くの学生が大学院に進学します。院進して当然という風潮も。

学部卒で就職する人のなかには院試に落ちてから就職を考え始める人もいます。(それでも専門性が高ければ就職できたりもする)。

多くは大学院の研究と就職活動を並行して行い、就職するという形になります。研究職につく人もいれば、数学の知識をいかして金融機関に就職するパターンから、まったく専門と関係のない外資系コンサルに就職するパターンまで様々です。

大学院から更にドクターの学位を取得して、研究を続けながらアカデミックポストを目指す人もいます。

 

 

工学部 (理科Ⅰ類からの進学者が多い) 

 

工学部も、進学者定数の多くを理Ⅰに割いている学科が多く、特に物理・情報系の学科であれば理Ⅰからの進学が有利と言われています。また、化学系の学科は人気が低めとのこと。

そして意外なことに、社会基盤学科や建築学科には文系からの進学者も一定数います。

(私の知り合いにも文科Ⅲ類から進学した人が複数いますが、都市の美観や建築美術への関心から、都市づくりや建築学に関心を持ったのだとか。)

 

女子率は低く、工学系・機械系・情報系の学科には女子がいない!という年もあるようです。ただ、こちらも4年生になると研究室ごとのつながりが強化されていくことがほとんどなので、もはや女子がいるとかいないとかは気にならないようで…。

 

それから、工学部では、多くの学科が五月祭で展示をしています。知的好奇心のくすぐられる体験型の展示もあって、誰にでも楽しめるようになっているので、興味のある人は行ってみると、各学科の雰囲気がつかめるかもしれません。

 

進路については、こちらも理系らしく、ほとんどの生徒が大学院に進学します。専門性は高いので、大卒でも院卒でも、第一志望の企業とまではいかなくても、志望業界の企業で働けることが多いみたいです。研究室推薦があるところもあるし。

大学院卒業後は、自分の専門に関係ある分野の研究職についたり、SEとしてシステムをバリバリと動かしたり、ベンチャー企業で開発事業を行ったり、という感じです。研究内容とは関係ない業界で働く人も、数は少ないですがいます(金融とかコンサルとか)。

 

 

農学部 (理科Ⅱ類からの進学者が多い)

  

化学・生物系に関わるため、理科Ⅱ類からの進学者がかなり多いのが農学部です。

ただし、理系学部のなかでは文系からの進学者も多い学部ではあります。特に、農業経済学専攻には、経済学部を第一志望にしていたが、成績が足りなかったという文Ⅱ、文Ⅲからの進学者も多くいます。(※農業経済をやりたくて入る人ちゃんともいます。)

 

理系学部のなかでは最も女子率の高い学部。(と言っても3割程度)

キャンパスは本郷キャンパスの隣、弥生キャンパスです。東大前駅の目の前です。

 

「農家になるの?」と質問されることも多いみたいですが(笑)、卒業後に農業に携わる仕事に就く人はほとんどいません。(農林水産省くらいかな。それでも直接的に農業をするわけではないですし…。)

 

大学院に進学する人がほとんどですが、特に女子の中には、学部卒で就職する人もいます。

就職先は様々で、場合によっては研究内容を生かせそうな食品系、化学系の企業に就職する人もいれば、研究内容と全く関係のない金融・コンサル・商社などに就職する人もいます。

(日本テレビアナウンサーの桝太一さんも東大農学部・大学院卒です。)

 

もちろん大学院卒業後も研究を続けてアカデミックポストを目指す人もいます。それから、獣医学科は6年制のため、学部を卒業するのに他の人より2年多くかかります。

 

薬学部 (理科Ⅱ類からの進学者が多い)

 

薬学部への進学枠は理科Ⅰ類、Ⅱ類ともにあります。理Ⅱからの進学枠が多くなってはいますが、薬学部人気は理Ⅱの方が高いので、どちらから進学するにしても同じくらいの成績が必要です。しかも結構な好成績が必要です。(上位2~3割くらい、このレベルの成績を維持する大変さについては次の記事からどうぞ。)

www.asuka-ukaru.com

 

4年制の薬科学科と、6年制の薬学科があり、基本的には薬学科の学生のみが薬剤師免許を取得できることになります。ただ、薬学科の定員は薬学部全体の1割程度。かと言って、毎年のように薬学科の方が競争率が激しいというわけではないようです。

(薬科学科、薬学科のいずれに所属するかは、4年次に決定され、定員をオーバーした場合はそれまでの成績が良い人から志望が通るようになっている。)

 

キャンパスは本郷キャンパスの赤門側。午後は毎日実習が組まれていて、研究室に泊まり込みひたすら実験を続ける日々が続くことになりそうです。

 

薬科学科の学生であっても、ほとんどの学生が大学院に進学して研究を続けるので、6年以上は学生生活を送ることになります。大学院卒業後も、大学に残って、アカデミックポストを目指して研究を続ける人もいます。

 

大学院卒業後の就職先としては、製薬会社や化学系の企業にて研究職として働くパターンが多いです。ただ、農学部など他の学部からも製薬会社に就職することも可能であり、薬学部を卒業していることが必ずしも有利というわけではないという話もあります。

 

医学部 (理科Ⅲ類からの進学者が多い)

 

医学部医学科への進学枠のほとんどは理科Ⅲ類にあります。理科Ⅱ類から進学しようと考えるのはおすすめしません。というのも、理Ⅲ以外から進学する場合には、1、2年で上位5~10%の成績を修めた人同士の争いを勝ち抜かねばならないからです。(それで医学部進学を断念したり、他大医学部に編入した知り合いも多くいます。)

 

そして、医学部には看護学科という学科もあります。こちらは、理科Ⅱ類からの進学者が多く、女子率が異常に高い学科です。そして成績が良くなくても入れる(※もちろん好成績の人もいます)。

 

医学部医学科の場合、他大学の医学部と同様に6年制ですが、東大の場合、そのうち2年間を前期教養に費やしているため、他大医学部の学生が6年で勉強するところを4年でこなすことになります。とは言え、厳しい入試競争を勝ち抜いてきた人ばかりなので、それでもどこか余裕そう。

 

理Ⅲ生、医学部医学科生だけが所属できる「鉄門」の運動部やサークルなどがあり、東医体(東日本医学生のためのスポーツの大会)を目指して日々奮闘している人もいます。(普通のサークルに所属している人もいる。)

 

医学科では研究室配属もあり、教授の元について研究を続ける生活です。それと並行して、講義を受け、国家試験のための勉強も行います。

 

卒業前に医師国家試験を受けて、卒業後は研修医として各大学病院に配属されることになります。医師国家試験の合格率は、他大学と比べて高いというわけではなく、毎年1、2人は不合格になるそう。

研究者になるという人も、他大に比べると多いようです。

 

まとめ

 

東大の理系各学部の特徴について解説してみました。ここではあくまで雰囲気などを掴んでもらうことを目的にしているので、自分の関心ある学部の専門カリキュラムなどについてはホームページやパンフレットなどで調べてみてくださいね。

 

また、東大の各学部の特徴(文系編)も参考にしてみてください。

asukask.hatenablog.com

 

記事中で紹介した以外にも、東大の学生生活や東大事情について解説しています。そちらの記事もぜひお読みください

www.asuka-ukaru.com

www.asuka-ukaru.com

www.asuka-ukaru.com