合格(うか)るが勝ち

合格(うか)るが勝ちとは思っていない東大生凡人ブロガーが、東大生にしかわからない東大事情や受験情報について書き記すブログ

「なぜ勉強しなければならないか」の質問に東大生が答えます

 

「なんで勉強しなければいけないのか?」人生で1度はこのような疑問を感じたことがあるかと思います。また、お子さんのいらっしゃる方であれば、この質問をされたという親御さんもいるかもしれません。

www.asuka-ukaru.com

 

 

勉強には意味のないことも多い

 

実際に東大に合格した私であっても、勉強内容にはあまり意味がないな、と思うことはあります。私は受験勉強をしていたのがもう4年ほど前になるのですが、先日諸事情のために世界史の復習をしながら、受験生時代に勉強していた知識をほとんど忘れていることを実感し愕然としました…。

いくら教養をアピールしようにも「マジャパヒト王国が…」なんて言う機会はほとんどありませんしね。(笑)

数学にしたって因数分解や二次関数など日常生活では使いませんし、漢文なんて読めたところで何の得にもなりません。

 

ちなみに、東大出身者であるからといって必ずしも社会で活躍できるとは限りません。なぜなら、東大生はただの「特定の試験において一定以上の点数をとった人」にすぎないからです。仕事で成果を残せるか、は受験勉強とは全く異なるものなのです。

 

ではなぜ、学校の勉強を必死にやって少しでも良い大学に入ろうとするのでしょうか。

 

 

受験の成功者が社会のルールを決めている

 

マンガ「ドラゴン桜」(三田紀房)を知っていますか?とあるFラン高校の経営を再生するために訪れた弁護士桜木建二のもと、バカ高校生たち(直球ですね(笑))が東大合格を目指して奮闘するお話です。

 

2005年には阿部寛さん、山下智久さん、長澤まさみさん、新垣結衣さんらの出演でドラマ化もされているので、知っている方も多いかもしれません。受験における様々なテクニックなども紹介されていますので、まだ受験まで時間のある高校2年生以下の方は読んでみても面白いと思います。

この「ドラゴン桜」の中で、弁護士がFラン高校生たちに言った名言があります。

 

「お前らこのままだと、一生騙され続けるぞ。 社会にはルールがある。 その上で生きて行かなきゃならない。 そのルールってやつは、全て頭の良い奴が創ってる。 それは つまり どういうことか。

そのルールは全て、頭の良い奴に都合のいいように創られてるってことだ。 逆に、都合の悪い所は わからないように上手く隠してある。 だが、ルールに従う者の中でも、賢い奴は そのルールを上手く利用する。 例えば、税金。年金。保険。医療制度。給与システム。 みんな、頭の良い奴がわざと分かり難くして、 ろくに調べもしない頭の悪い奴らから多く採ろうという仕組みにしている。

つまり、お前らみたいに、頭を使わず、面倒臭がってばかりいる奴らは、 一生騙されて高い金払わされ続ける。 賢い奴は、騙されずに 得して勝つ。 バカは騙されて 損して負け続ける。 これが、今の世の中の仕組みだ。

だったら、お前ら、騙されたくなかったら、 損して負けたくなかったら、 お前ら、勉強しろ! 手っ取り早い方法を教えてやる。 東大に行け!」

 

 

組織のトップは偏差値の高い大学を出ている(ことが多い)

 

 

「なぜ勉強しなければならないか」という問いにこのセリフ以上に的確な答えはないだろうと確信しています(笑) そして、これが現実です。

 

実際に、制度を作っている官僚は、東京大学出身者の割合が高いことはご存知の方も多いと思います(官僚については次の記事で説明しています)。また、偏差値の高い大学に通っている人ほど就職活動では有利ですし、昇進も早いです。このような仕組みのために、高学歴であればあるほど「ルールをつくる側」に回る可能性が高まるのです。 

www.asuka-ukaru.com

 

もちろん企業側にも、「仕事が出来る人」を採用し、昇進させたいという気持ちはあります。しかし「仕事が出来る人」とはどんな人なのか、実は企業側も、はっきりと分かってはいないのです。

ですから企業側は「良い大学に通っている人を採用しよう」と考えます。学歴は、唯一の明確な基準だからです。

ちなみに大企業のトップは偏差値の高い大学を出ていることが多いです。社長にとっても、自分と同じ大学を卒業している社員には親近感を覚えますよね。

 

というわけで、受験勉強が評価される日本社会の現実がお分かりいただけたでしょうか。

この日本的考え方の是非に関する議論は今後においておくとして、最後になりましたが、「ドラゴン桜」のマンガはとってもおすすめです。ドラマも面白いので、時間がある方はぜひ見てみてくださいね。

 

この「ドラゴン桜」の勉強法を取り入れた「数学力ドリル」も発売されていて、次の記事でも紹介しているので、ぜひ読んでみてください!

www.asuka-ukaru.com

 

他にも受験に役立つ記事を掲載しているので、読んでみてください! 

東大生が教える 受験勉強のやる気が出ないときの対処法8選

受験生こそ身につけたいタイムマネジメント術

東大生が教えるセンター試験対策法(全科目編)ー東大・難関大合格を目指すなら