合格(うか)るが勝ち

合格(うか)るが勝ちとは思っていない東大生凡人ブロガーが、東大生にしかわからない東大事情や受験情報について書き記すブログ

東大入試合格のためにはどの科目で何点取れればよい?-目標点を設定しよう

 

東大受験生のなかには、まだ夏にも関わらず「この人は東大に確実に合格できる」と周りが断言できるような実力者がたくさんいます。そんな受験生に東大入試で「普通の受験生」が太刀打ちするためには、早めに目標点を設定し、それをクリアするための戦略を入念に立てることが大切です。

 

自分はどの科目が得意で、どの科目で何点取れるのかを考えておくことは、モチベーションアップにも繋がります。今回は、その目標点設定を考えていきたいと思います。

  

はじめに―東大入試の配点とは

 

東大入試の科目・配点は以下のようになっています。

○文系

センター試験110点(900点を11/90に圧縮)

英語120点

数学80点

国語120点

地歴120点(世界史・日本史・地理のなかから2科目選択、各60点)

○理系

センター試験110点(900点を11/90に圧縮)

英語120点

数学120点

国語80点

理科120点(物理・化学・生物・地学のなかから2科目選択、各60点)

 

東大文科Ⅰ類であれば370点/550点、理科Ⅰ類であれば340点/550点取れていれば合格できる年度が多いです。本来、目標点を立てるのであれば合格最低点+10点は余裕を見ておきたいところですが、今回は合格最低点を目標にしてみたいと思います。

 

東大合格を狙うなら、センター試験は9割以上を目指す!

 

まず、センター試験は9割以上の得点を目指しましょう。というのは、当然ですがセンター試験の方が二次試験よりも点数が取りやすいからです。東大入試を突破するような受験生は、センター試験で8割5分を超えてくることがほとんどのため、ここで大きく差をつけられてしまうと、二次試験で挽回するのは難しくなってきます。

 

センター試験と二次試験は問題形式や傾向が違うため、東大合格レベルに達している人でも、対策をおろそかにした結果、センター試験で大失敗するということがあります。しかし東大合格を目指せる程度の受験生でしたら、センター試験対策をきちんとすれば8割5分を余裕で超えることができます。大きなプレッシャーなく二次試験に臨むためにも、センター試験対策はきちんとしておきましょう。

 

センター試験対策については、こちらの記事でも説明しています。

www.asuka-ukaru.com

 

東大二次試験では英語を得点源にしよう!

 

二次試験に関しては、英語である程度の得点を稼いでおくことをおすすめしています。というのも、英語が一番点数が安定しやすいからです。国語の模試などで、あるときは偏差値が60を超えていたのに、あるときは平均点以下だった…ということはありませんか?また、数学が得意でも全く解法が思いつかない問題が出ることってたまにありますよね。

 

その点、英語は比較的点数が安定しやすいです。実は毎年、東大の英語は30/120点がリスニングです。そして、その部分は対策次第で安定して満点近い点数を取り続けることが可能なのです(リスニング対策については以下の記事でも解説しています)。

www.asuka-ukaru.com

ですから、例えば英語で90/120点を目標にするとして、そのうち30点をリスニングでとれるとするならば、その他の部分で60/90点(66%)を取れれば充分なのです。

 

そのため、英語はきちんと対策し、文系なら90/120点、英語が苦手な理系生でも80/120点を目指したいところです。

東大入試英語の問題形式や戦略については、こちらの記事をご覧ください。

www.asuka-ukaru.com

 

 

数学は実力の最低ラインをベースに目標点を設定しよう

 

数学は難易度によって点数が変動しやすい科目です。そして、まわりの出来も変動しやすいです。

 

というのも、他の人が解けるような基本的な問題できちんと点を確保することが得意なもいれば、他の人が思いつかないような解法で解く問題を得意とする人もいて、得意な分野も皆それぞれ少しずつばらけているからです。

しかも、本番の緊張によって成績が低くなりやすいうえ、他の科目の出来にも影響する1日目の試験科目です。常に満点近くをとる自信のある人以外は、目標設定を低めにしましょう。

 

文系生でちょっと数学が得意であるからと言って、60/80点を目標にするのは危険です。例えば大体の東大模試で60点程度の点数が取れていたとしても、一回でも38点しか取れなかった回があるのであれば目標点は40点にしておきましょう。

(これは私の実体験でもあります。私は数学が得意だったのですが、入試の年に突然数学が難化しパニック、本番では34点でした。私の友人でも数学で高い目標を設定していた人は軒並み数学で失敗し、不合格になってしまった人が多かったです。)

 

文系生は数学が得意な人でも40点、苦手な人は25点を安定的に、どんな問題が出題されても取り続けられるようになれば上々です。理系生は数学が得意であれば50点、苦手な人は35点を目標にすれば十分だと思います。

 

数学で上記の成績を安定して残し続けるためには、以下の記事で紹介した参考書・問題集に取り組んでもらえれば充分だと思います。こちらもあわせて参考にしてください。

www.asuka-ukaru.com

 

 

 

国語は採点基準に左右されやすい

 

国語、特に現代文の点数は、その年の採点基準に左右されやすいです。それでも古文漢文は確実に対策をとり、そこで安定的に点数をとることを目指しましょう。

文系生であれば国語が得意な人で75/120点、苦手な人でも55/120点は安定して取れるようになりましょう。(ただ、採点基準が若干厳しい各東大模試では、もう少し低い点数でも大丈夫)。理系生は国語が苦手という人も多いかと思いますが、苦手でも35/80点、得意であれば45/80点は取りたいところです。

 

東大国語の問題形式や配点について、詳しくはこちらの記事もご覧ください!

www.asuka-ukaru.com

 

 

地歴・理科は受験直前まで対策を!

 

現役受験生の対策が遅れてしまいがちなのが地歴や理科ですよね。そのため、現役生はこの科目を最後まで伸ばし続けられるかが合否のカギになると思います。

やればやるだけ点数が伸びる科目ばかりですので、80/120点は取りたいところです。実際に私の周りでも、合格者はこの科目でどんなに低くとも70~75/120は確保している印象があります。苦手な人でも最低限このくらいの点数は取れるように頑張りましょう。

 

地歴の選択科目をどれにしようか迷っている文系受験生はこちらも参考にしてください。

www.asuka-ukaru.com

 

 

まとめー東大入試での目標点設定

 

さて、これらの点数を総合すると…。

 

○文系・国語得意数学苦手パターン

センター試験100点/110点(9割ジャストで99点)

英語90/120点

数学25/80点

国語75/120点

地歴80/120点

合計370/550点

 

○文系・国語苦手数学得意パターン

センター試験100点/110点

英語90/120点

数学40/80点

国語60/120点

地歴80/120点

合計370/550点

 

○理系・国語苦手数学得意パターン

センター試験100点/110点

英語80/120点

数学50/120点

国語30/80点

理科80/120点

合計340/550点

 

○理系・国語得意数学苦手パターン

センター試験100点/110点

英語80/120点

数学35/120点

国語45/80点

理科80/120点

合計340/550点

 

これで無事、全てのパターンで合格点に達することができました!

もちろん目標点をたてて満足していては無意味で、目標点を取るための勉強を実行に移していかなければ全く意味がありません。しかし、東大入試の全貌を知り、戦略を立てることで、モチベーションは上がることと思います。

この目標点はあくまで一例ですが、皆さんも自分の実力をきっちりと把握し、本番のシミュレーションを念入りにしながら戦略を組み立てていってくださいね。

その際には、次の記事も参考にしてください。

www.asuka-ukaru.com

 

記事中で紹介した記事以外にも、東大受験生の方は以下の記事も参考にしてみてください!

(また、東大生ブログランキングに参加しています。よろしければ、記事下もしくは左側サイドバーにある「東大生ブログランキング」ボタンをポチっとよろしくお願いします!)

www.asuka-ukaru.com

www.asuka-ukaru.com

www.asuka-ukaru.com