合格(うか)るが勝ち

合格(うか)るが勝ちとは思っていない東大生凡人ブロガーが、東大生にしかわからない東大事情や受験情報について書き記すブログ

東大生が英文読解問題の練習法・対策法を伝授します

文系受験生も理系受験生も対策する必要がある科目、それが英語です。特に近年その重要度は高まっていて、入試英語の配点がとても高い大学や、入試に英語しか課されない大学も出てきています。

 

英語ができる受験生は、受験をかなり有利に進めることができます。そして、英語は、文系生にとっても理系生にとっても、努力した分だけ成績が向上しやすい科目でもあります。

実際、優秀な受験生のほとんどが、英語を得意としているという現状があります。東大に限らず、最難関と呼ばれる大学の合格者であれば、センター試験の英語では9割程度の点数を簡単に取っているでしょう。

 

その英語の試験において最も配点が高いのが読解問題です。センター試験を見てみても、8割は読解問題といっても過言ではないでしょう。

 

ところが、一部の受験生にとっては何とも掴みどころがなく対策しづらいのが読解問題で、「何をすれば点数が上がるのかわからない」という受験生の方も多いと思います。また、「学校で扱う英語の文章なら理解できるけど…」「センター試験レベルなら正確に読解できるけれど、それ以上のレベルはちょっと…」など、一定以上の長さ・難易度の文章を苦手とする人もいるようです。

 

そこで今回は、この英語の長文読解の勉強法について、解説していきたいと思います。

 

高1、高2生の方はこちらもお読みください!

www.asuka-ukaru.com

 

 

とにかく英文を読んで読んで慣れること

 

大学入試レベルの英文読解では、実は対策の近道はなく、このことに尽きます。「英語に慣れる」という表現では、小学生でもできることのようにも思えますが、実はこれがとても労力を使う作業なのです。

 

そもそも英語の読解というのは、多少の差はあれど、正しい方法で勉強すれば誰でもできるようになるはずなのです。

 

私が大学時代に留学した経験を話すと、留学してある程度真面目に勉強に取り組んだ人であれば、どんな人でも必ず英語読解力は伸びます。これは現地の語学学校、または大学にて課題をこなすのに膨大な量の英語を読む必要があるからです(私の場合、1日にテキスト20~30ページくらいでした)。しかも、課題が多いので、読むのに時間をかけている暇はなく、「速く」読まざるを得ません。何回も読み返すなんて論外です。

 

さらに、英語が嫌になっても逃げ場がありません。テレビを見ても、レストランに行っても、あるのは英語、英語、英語です。留学中はこの「逃げ場がない中で初見の文章を集中して読む」訓練が続くために、読解の質・量をともに向上させることができるのです。

 

受験生時代に英語をそれなりに勉強したにも関わらず英文の読解に苦手意識があり、「どんなに勉強しても英語力はこれ以上伸びない。私には才能がない」と思いこんでいた私でも、留学後はTOEICの点数が劇的に改善したことで、留学前の自分の英語学習に対する根性の無さを思い知らされることになったのでした。

 

「ある程度まとまった量の英文を読む」練習を!!

 

そこで受験勉強においても、「逃げ場がない中で初見の文章を集中してひたすら読む」状況を意図的に作り出せばよいのです。

 

学校や塾の宿題で英語の長文読解の予習があったとしましょう。多くの人は、わからない単語や文法を一つずつ調べながら読む「精読」をしていないでしょうか。もちろん精読はとても大切です。しかし、初めから精読をしてしまっては、英語を「速く」読むことの訓練にはなりません。そこでまず初めに、試験本番と同じスピードで読んで、問題を解いてから、精読をする、というのが望ましい受験勉強の順序になります。

 

と、ここまでは、実行している人も多いかと思います。しかし、実際に試験本番で英語の問題を解き続ける時間は何分ですか?センター試験では英語の試験は80分、東大二次試験では120分、大学によっては180分以上ということもあります。つまり、この時間とほぼ同じ時間「集中して初見の文章を読み続ける」ことが必要になります。

 

そこで、英語の長文読解の問題演習をする際には、3題程度(できれば4~5題)まとめて取り組んでから、それぞれの精読をしてみることをおすすめします。勘の良い方であれば、理由はお分かりですね。

 

例えば英語の長文1題に取り組んで問題を解くのであれば、これに要する時間はせいぜい15分程度でしょう。実際に英文を読んでいる時間(問題を解いている時間を含まない)はさらに短く、5分程度になります。ここで1題終わるごとに答え合わせや精読を挟んでしまうと、「集中して初見の文章を読み続ける」時間は5分にしかなりません。数題を一気に解いてから答え合わせや精読を行うことで、この「集中して初見の文章を読み続ける」時間を伸ばそうというわけです。

 

毎日でなくても、定期的に英文読解の訓練を!

 

もちろんこの方法に取り組むのは時間がかかります。(問題を解く&答え合わせ&精読を1題あたり40分でやっても3題取り組むと2時間になってしまいます)。そして、長文読解も大事ですが、単語も、文法も、リスニングも、全部大事です。そのため受験生はこんなことを毎日やっている余裕はとても無いでしょう。

 

そこで、週1回でもこのような機会を作ることをおすすめします。受験生のほとんどは、模試や過去問を解くときにしか、この「集中して初見の文章を読み続ける」という経験をしていません。同じ状況を、自分の勉強時間の中で作ることが大切になってきます。

 

(ですからまだ時間的に余裕のある高校1年生、2年生の方は、洋書を買って読んでみるというのもおすすめです。私の高校時代の夏休みの宿題では、洋書を読んで感想文を書くというものがあったのですが、途中で挫折し、結局その洋書の日本語版を読んで感想を書くということをやりました(笑)英文読解の訓練ができる貴重な機会を自ら捨ててますね…)

 

3題以上を一度に解くとなると自分のレベルにあった問題集を探すのも大変になってきそうですが、「訓練」であると割り切るのであれば、志望校と同レベルの大学・学部の過去問に取り組むようにすると、解答するための目安となる時間も分かっておすすめです。(※志望校の過去問は直前期にとっておくのがおすすめ)。精読しても全く意味が分からないような文章でこの訓練をしても意味がありませんので…

 

 

基礎が固まっていない場合は単語&文法のインプットも怠るな!

 

センター試験の過去問や模試で安定して8割以上の得点をキープできないという人は、単語や文法などの基礎が固まっていない可能性が高いです。そのような人は、単語&文法の習得も同時並行で行う必要があります。(当然ですが、8割以上の点を取れるという人も、基本知識をキープできるよう、単語&文法の復習は継続してくださいね!)

 

基本的に、学校で学んだ文法を完璧にし、学校(もしくは予備校など)で使用するような単語集1冊を完璧にすれば、センター8割には到達できます。

 

センター試験の文法問題が5割も解けないというように、文法に自信がないという人は、軽めの文法問題集を1冊取り組んでみて、それをひたすら覚えましょう。また単語集1冊分の単語を覚えている自信がない人は、とにかく単語集1冊だけは完璧にしましょう。

 

このとき、単語は見た瞬間に反射で意味が思い出せるようになるまで繰り返し勉強しましょう。1つの単語の意味を思い出すだけで4秒も5秒もかかっていたら、試験時間がいくらあっても足りません。英単語の覚え方については別記事でも書きますので、参考にしてみてください。

 

まとめ

 

もちろん上記の勉強をこなしている場合でも、何度精読しても意味が理解できないような難しい文章が、入試では時々登場します。しかし、そのような問題はほとんどの受験生にとって難しいもので、解けなくても支障ないものも多いです。そこで、他の受験生も読めるレベルの文章を、いかに速く、労力を使わずに解けるかということが重要になってきます。

 

「長文読解が嫌い!」という(以前の私のような)受験生も多いことと思います。しかし、「長文読解をこなすための根性」は鍛えることができます。そのために、「逃げ場がない中で初見の文章を集中してひたすら読む」訓練は、ぜひ意識して取り組んでみてほしいものです。

 

東大受験生の方向けには、以下の記事で東大入試英語について解説しています。

www.asuka-ukaru.com

  

受験生の方は、以下の記事も参考にしてみてください!

東大生が教えるセンター試験対策法(全科目編)ー東大・難関大合格を目指すなら

受験生こそタイムマネジメント術を身につけよう!効果的な勉強計画の立て方とは

東大生が教える 受験勉強のやる気が出ないときの対処法8選

東大生が教える、数学が苦手な受験生にぜひ実践してもらいたい勉強法