合格(うか)るが勝ち

合格(うか)るが勝ちとは思っていない東大生凡人ブロガーが、東大生にしかわからない東大事情や受験情報について書き記すブログ

3言語の習得をめざす!?東大のTLP制度について説明します

東大のTLP制度とは、トライリンガル・プログラムの略で、日本語・英語・第二外国語の3か国語を自由に操れる人材を育成するための制度です。現在このプログラムでは、第二外国語として中国語・ドイツ語・フランス語・ロシア語・韓国朝鮮語から選択可能です。

 

TLPではない他の外国語についてや、TLP以外のクラスの雰囲気についても知りたい方は、以下の記事からどうぞ!

asukask.hatenablog.com

 

さて、私はTLP受講者ではなかったので、知り合いから聞いた情報になってしまうのですが、今回はこのTLP制度について解説していきたいと思います!

 

東大TLP(トライリンガル・プログラム)への参加条件とは

 

TLPに参加できるのは、入試の英語の成績が合格者の上位1割に入っている学生です。概ね120点満点のうち90~91点を取ることが目安とされています。(ちなみにこのレベルは、入学後の英語一列のクラス分けでG1という一番上のクラスに入れるレベルと同じです。東大の英語の授業についてはこちらの記事で解説しています。)

asukask.hatenablog.com

 

該当者には、合格後に送られてくる入学書類と共に通知が送られてくるので、その段階でTLPを履修したいか否か、履修したい場合はどの言語を履修するかの希望を出します。

 

希望を出しても、各言語のTLPクラスには定員がありますので、全員は履修できない場合もあります。希望者が定員より多い場合には、希望者の中でさらに入試の英語の点数が高い順に希望が通ることになります。

TLPを履修できなかった場合は、他の多くの人と同じように第二外国語を履修することになります。東大入学後はTLPを履修したいと思っている受験生は、入試の英語で高得点をとれるように頑張ってください!以下の記事も参考にしてみてください。

asukask.hatenablog.com

  

さらに、2年生になってもTLPに残留するためには、英語一列の試験で上位1割相当の成績を取ってG1クラスに残留するか、IELTSで7.0以上の成績をとることが必要なようです。

 

TLPの履修は、他の学生とどう異なる?

 

通常は、第二外国語として、文系は1学期に週3コマ(文法読解2コマ+演習1コマ)、理系は1学期に週2コマ(文法読解)を必修で履修します。(もっと学びたいという学生は、それに加えて「○○語作文、会話」などといった授業を選択で履修できます。)

 

TLPの場合は、その必修の授業に、会話1コマ+リスニング1コマの計2コマが加わります。そのため、一週間に5コマの第二外国語の授業を必修として履修することになります。

しかも授業は20人程度の比較的少人数で実施されます。

これだけ勉強するので負担はかなり大きいですが、他の学生よりもかなり第二外国語の能力は上がります。(というかTLP履修生でもないとその言語をまともに使えません。)

 

さらに、通常は、1年で履修できるコマ数に上限があるのですが、TLPの学生にはその上限がありません。第二外国語以外の授業も、他の学生より多く履修できます。

 

TLP生だけで構成されるクラスがある

 

東大に入学すると、第二外国語に応じて30~40人ごとの「クラス」というものに割り振られます。(この「クラス」について知りたい方は以下の記事からどうぞ。) 

asukask.hatenablog.com

 

TLP生は、同じ言語のTLP生のみで構成されるクラスに所属することになります。クラス全員が英語の成績が良く、帰国子女も多いため、海外滞在歴のない人には、必修の英語の授業は少し大変かもしれません。しかし、周りのレベルが高いので、危機感を覚えて勉強のモチベーションにもなると思います。

 

また、通常のクラスは、文系だと文Ⅰ文Ⅱが同じクラス、文Ⅲが文Ⅲ生だけのクラスになっていて、理系では理Ⅰが理Ⅰ生だけのクラス、理Ⅱと理Ⅲが同じクラスになり得ますが、TLPだと文系は文Ⅰ文Ⅱ文Ⅲの混合クラス、理系は理Ⅰ理Ⅱ理Ⅲの混合クラスを形成します。様々な科類の優秀な学生と仲良くなれるのはメリットの一つであると言えます。

 

 

まとめ

 

東大のTLP(トライリンガル・プログラム)制度について紹介してみました。TLP中国語を履修した私の友人も、入学時にはもちろん中国語について全く知らない状態だったにも関わらず、2年の勉強ののちに中国に留学に行けるまでになっていました。

留学プログラムなどもあり、やる気さえあれば外国語の実力をどんどん高めていくことも可能です!

 

これを読んで関心を持った東大受験生の方は、英語学習へのモチベーションがさらに向上したかもしれません。

 

記事中に紹介した記事以外にも、以下の記事にて受験勉強法について解説していますので、受験生の方はぜひご覧ください!

 

asukask.hatenablog.com 

www.asuka-ukaru.com

 

 東大の授業についてはこちらの記事でも紹介しています。

www.asuka-ukaru.com