合格(うか)るが勝ち

合格(うか)るが勝ちとは思っていない東大生凡人ブロガーが、東大生にしかわからない東大事情や受験情報について書き記すブログ

学校の授業がつまらない…授業中に内職してもよいのか?【東大生が答える】

学校の授業がつまらないな~、授業を聞かずに他のことをやっていたいなあ、と思っている中学生・高校生の方はいるでしょうか。高校時代の私も、そんな学生の一人でした。

そこで今回は、授業中の内職の是非について一人の東大生としての個人的な意見を書いてみたいと思います。

 

授業がつまらない理由を考えよう

 

授業がつまらないのにも色々な理由が考えられると思います。

 

まず、授業が難しくて先生が何を言っているのかよくわからない場合。このような場合は、むしろ授業をよく聞いて、「どこがわからないのか」を説明できるようにする必要があると思います。そのためには、授業以外で他の人より多く自習の時間を確保して、教科書を読んだり問題演習の時間をとったり、先生に自分から説明を求めに質問しに行くことが大事だと思います。

また、勉強の方法がわからずに悩んでいるのであれば、先生や周りの大人に相談すれば、どのように勉強していけば良いかアドバイスをもらえるはずです。

 

それから、勉強をする意義がわからず、勉強をやりたくない場合。

「なぜ勉強するのか」は人類にとって永遠の命題ですよね。(え、そうでもない人もいるって?)

www.asuka-ukaru.com

この質問を様々な人にぶつけてみたり、自分で考察してみたり、色々な場所に答えを求めてみて、私がいま一番「これだ!」と感じていることが上の記事に書いてあります。「なぜ勉強するのか」という質問に一番明確に答えを出しているものだと個人的には思っています。

 

そして、授業でされている説明は理解できているけれど、その授業自体が面白くない場合や、授業自体が簡単すぎてつまらない場合もあると思います。そのような場合は、内職で自分の勉強をしていても構わないと個人的には思います。

 

授業の内容が理解できていれば内職しても構わない、けれど…

 

たとえば、学校の定期テストで毎回満点に近い点数をとれているのであれば、授業が理解できないということも無いでしょうし、内職をしていても先生は何も言えないと思います。

1クラスの人数はどうしても30人とか40人はいるわけで、全ての生徒のレベルにあった授業を1人の先生がすることはほぼ無理だからです。

 

ですから、レベルの高い生徒だけに合わせることのできない先生の事情も多少は理解してあげましょう。それに、先生の側も自分の授業を100%否定されたら傷つきます。

(私も高校時代は、「あの先生が教えるより私が教えた方が上手に説明できるわ」と思ってましたが、先生も人間ですから、試験の採点に追われていたり、部活指導で疲れていたり、学年主任に小言を言われて落ち込んでいたり、家では反抗期の自分の息子を叱るのにいっぱいいっぱいだったりして、教えることだけに100%の力を注げないときもあるんです。)

 

色々な事情を考慮した上で、それでも「授業を聞くより内職をしていた方が有意義だ」と思うのであれば、内職するのは全く構わないと思います。ただ、音をたてたり、人に話しかけたりするなど、周りに迷惑になることはやめましょう。

また、本来想定されている生徒の授業時間の過ごし方ではないわけですから(先生の側も「生徒が一生懸命に聞いてくれる」ことを前提に、一応は一生懸命準備しているのです)、もし内職が見つかって怒られるようなことがあれば、きちんと謝っておきましょう。

 

それに、どんなに授業がつまらなくても、その話のなかに、学ぶためのヒントや人生の教えのようなものが、一言くらいは隠されているかもしれませんよ!

 

授業中の時間を有効に使おう!

 

受験生であれば、時間は一瞬でも無駄にはしたくないところですから、授業中に内職として自習をするということは、よくあることではないでしょうか。受験生であっても学校の定期テストはありますから、学校の授業の時間内でその範囲を完璧にすることができれば、家や予備校では受験勉強に集中できるかもしれません。

 

特に、暗記系の勉強であれば、先生にもばれにくく、「時間内にここまで覚える」というような小さな目標も立てやすいので、内職に向いているのではないでしょうか。

 

反対に、スマホなどを触り始めてしまうと、授業にも集中できず、かと言って有意義なことは何もできず…ということになりかねません。学生のスマホとの付き合い方は授業中だけの問題ではありませんが、もし自分のスマホ使用時間が長いと感じてしまうようであれば以下の記事も参考にしてください。

www.asuka-ukaru.com

 

また、授業中にどうしても睡魔が襲ってきてしまう…ということもあると思います。できれば、目の前で人(先生)が話しているときに眠ることは避けたいですが、どうしてもという場合は、学校であれば仕方ないと個人的には思います(社会に出たら許されませんよ!)。

仮眠について気になる方はこちらの記事も参考にしてみてください。

www.asuka-ukaru.com

  

まとめ

 

授業中の内職について一個人としての意見を書いてみました。

 

個人的には、思考停止して与えられた授業をただ聞いている人間よりも、「この時間をもう少し有意義に使えないかな」と考えられる人間の方が、将来的に創造的で臨機応変に動ける人間になりそうだとは思いますが…。

 

本来は、優秀層の生徒の知的好奇心をさらに高められるような授業がなされればベストなんですが、割と日本では「出る杭は打たれ」がちですし、クラスの人数が多く、授業についていけない生徒も一定数いるので仕方ないんですよね。

 

ですから、学校の授業が物足りないと感じている方は、少しでも授業の時間を有効に使えるように、工夫していってほしいと思っています。

 

記事中で紹介した他にも、受験に役立つ記事を掲載していますので、参考にしてみてください!

www.asuka-ukaru.com

www.asuka-ukaru.com

www.asuka-ukaru.com