合格(うか)るが勝ち

合格(うか)るが勝ちとは思っていない東大生凡人ブロガーが、東大生にしかわからない東大事情や受験情報について書き記すブログ

東大志望者必見!高1、高2で取り組むべき英語の受験対策とは

 

志望校を明確には決めていなかったとしても、漠然と「東大」に行けたらいいな、と考えている高1、高2生は多いかもしれません。ただ、受験までまだ時間のある高1、高2のうちは、「受験勉強をしよう」と考えても、具体的に何をすれば良いのか、ピンと来ないと思います。

 

東大受験を目指すのであれば、以下の記事でも書いたように、受験勉強は英語(と数学)から取り組むことをおすすめします。英語は、勉強しただけ点数に繋がりやすい科目だからです。

www.asuka-ukaru.com

 

ただ、東大入試の英語の問題形式について知っている方はご存知の通り、東大入試英語で問われる内容は、英文読解から英作文、段落整序、リスニングと多岐にわたります。東大入試英語の問題形式についてまだよくわからないという方は以下の記事を初めに読んでみてください。

www.asuka-ukaru.com

 

東大入試英語では問題形式が多岐にわたるため、高1、高2生は、英語の受験対策をしようにも何から手をつけたら良いのかと混乱してしまうと思います。

 

そこで今回の記事では、東大受験経験者が、東大受験までの英語の勉強計画のモデルケースを公開し、そこから、高2のうちに終わらせておきたい英語学習の「基礎固め」の勉強法についてお伝えしていきます。

 

高3生の方はこちらの記事をご覧ください!

www.asuka-ukaru.com

 

 

 

 

東大受験までの英語学習計画モデルケース

 

高3に上がるまで

・基礎英文法(高1から、遅くとも高2夏までには全英文法をマスターしておきたい)

・受験英単語(高1から取り組むべき)

・語法と詳細な文法(基礎英文法が終わり次第、受験英単語と並行して)

・構文の復習と一行英作文(これも基礎英文法が終わり次第)

・英文読解演習

 

高3になってから

・高3に上がるまでに勉強した文法や単語などの復習

・リスニング(高2の冬までに開始できればなお良し、遅くとも高3春からは対策したい)

・英文読解演習(志望校過去問レベルのもの)

・過去問対策・演習(高3夏までには始めたい)

 

リスニング対策は別の記事で説明しているので、そちらをどうぞ。

www.asuka-ukaru.com

 

さて、上の学習計画モデルケースを見ると、「高3になる前に、英語の受験勉強がほぼ完成しているのでは?」と思われる方もいるかもしれません。

 

そうなのです。東大を目指す場合、受験科目数が異常に多いからです。現役生は特に、理科と地歴の対策が後回しになる(しかも2科目ある)と思いますので、英語の勉強まで高3に回すと、おそらく受験勉強が終わりません。

このモデルケースに沿って勉強していても、英作文である程度の長さの文を書く練習とか、リスンング対策、過去問を使った段落整序の練習といった、東大独特の対策があるので、高3になっても英語の勉強時間は結構必要なのだけど。

 

そこで、英語はできるだけはやいうちに仕上げておく必要があります。もういっそのこと目標は「高2のうちに英語は仕上げておく」にしてしまいましょう!

 

ではこのモデルケースに沿って、高1、高2生に向け、英語の学習方法を解説していきます。

 

①基礎英文法

 

受験勉強を始めようと思ったら、まずは基本的な英文法に取り組みましょう。学校で使っている教科書とノートで英文法を1つずつおさらいしていってもよいのですが、参考書や問題集を使うのも有効です。

 

と言っても、初めから『Forest』とか『ロイヤル英文法』などの分厚い参考書をやろうとすると疲れてしまいます(絶対挫折します)。網羅性が高くて薄い問題集を使い、まずは1、2週間で基礎英文法を1周終わらせてしまいましょう。その際に理解できていなかった部分については、分厚い参考書を使って理解したり、問題集を何度も解きなおして完璧にすればよいわけです。

 

何に取り組んだら良いか全くわからないという方は、以下に紹介する問題集を参考にしてください。

 

英文法に自信がない人は、中学レベルの文法を完璧に仕上げるのでも充分です。高校入試で使った問題集を使っても良いです。

 

『くわしい問題集 英文法』(シグマベスト):『くわしい英文法』シリーズの問題集版です。中学レベルを網羅できます。これを解いても分からない事項が多いという人は、このシリーズの参考書もあるのでそれを参考にしてみましょう。間違えたところ、理解できていなかったところだけ何度も復習して、完璧になるまで繰り返します。

 

高校レベルの問題集も、間違えた部分を何度も繰り返す、という形で早めに仕上げてしまいましょう!仕上げたら基礎英文法は終わり!語法と詳細な文法に移ります。

 

『基礎英文法 実践演習問題集』(桐原書店):問題数がそこまで多くなく、難易度もそこまで高くないので、簡単に高校レベルを復習できます。

『大岩のいちばんはじめの英文法』(東進ブックス):これは参考書なので、ほかの問題集と併用するべきです。高校レベルの英文法が不安な人は読んでおくとよいかも。

 

②英単語

 

①で紹介した基礎英文法の勉強と同時並行での学習できる(すべき)なのが、英単語の暗記です。

 

受験本番まで使える英単語集を1種類選びましょう。この1冊(もしくはそのシリーズ)は、受験本番まで使います。(時々何種類もの英単語帳を使う人がいますが、1冊を完璧にすることが重要なので、同じ用途の単語帳を何種類も買う必要はありません)。それを高2のうちに完璧にするイメージで。

学校で使っている単語集でも良いですよ。(学校で単語テストとかがあれば、暗記事項が定着しているかどうかの確認に使えますし。私の学校では『英単語ターゲット1900』だったのでそれを最後まで使っていました。)

 

『システム英単語』(駿台文庫)、『Duo3.0』などの人気が高いです。うーん、でも東大志望ならシス単(※『システム英単語』の略)かな。

文章を読みながら単語を覚えたい派の人は『速読英単語』(Z会)で。

『東大英単語熟語 鉄壁』(鉄緑会)は使っている東大受験生多いけど、ボリュームがすごいので、挫折しやすい人にはおススメしません。周りが東大に行くような進学校の人でバリバリに勉強したいならこれでも良いと思いますが。

 

突然大学受験レベルの単語帳に取り組む自身のない人や高1生は、まずはもう少し簡単なレベルの単語帳から始めて、それが完璧に覚えられてから大学受験レベルに移っても良いと思います。

 

たとえば、上で紹介した『システム英単語』には『システム英単語Basic』という基礎編がありますし、『速読英単語』も1,2とシリーズになっています。『英単語ターゲット1900』の前には『英単語ターゲット1400』という簡単なものがあります。そちらから取り組んでみても良いでしょう。中学レベルの単語が不安なら、高校入試に使われる単語集でも。

 

③語法と詳細な文法

 

①の基礎的な英文法が終わったら、語法と詳細な英文法がセットになった問題集を使って、英文法を完璧にしていきましょう!

 

『Next Stage 英文法・語法問題』(桐原書店)、『スクランブル英文法・語法』(旺文社)、『頻出英文法・語法問題1000』(桐原書店)などのなかから、例によって一冊選んで取り組んでみてください。3つ目の『頻出~』は少し難易度が高い印象。

 

単に覚えるべき事柄も多いので、ほぼ単語帳と同じように、文法事項を丸覚えするようなイメージで、高3になっても何度も繰り返して覚えます。もちろん『Forest』のような参考書片手に勉強してもOKです。

 

④構文の復習と一行英作文

 

③での文法・語法暗記と並行して、例文暗記に取り組みます。

例文暗記は英文法・英語構文の復習にも使えますし、東大受験で出題される自由英作文の基礎にもなります。自由英作文も、自分が持っている英語の例文のストックのなかから、適宜単語などをアレンジしつつ組み立てていくことが基本だからです。(英借文と言われる所以)

 

『英作文基本300選』(駿台受験シリーズ)、『ドラゴン・イングリッシュ 基本例文100』(講談社)とかから選べばよいかな。前者のシリーズでは『~700選』というのも出ているけれど、700はさすがに多い(笑)

 

ここに出てくる英文の構文や文法事項の確認をしながら、日本語訳を見て英文がスラスラと言えるようになるまでひたすら覚えます。丸暗記ではなく、理解しながら頭に入れるのが大事です。

 

また、自由英作文の書き方を初心者にもしっかりと解説してくれる『大矢復 英作文講義の実況中継』(語学春秋社)を読んでおくのも良いかもしれません。

 

⑤英文読解

 

①で基礎英文法をマスターし、②で学んでいる英単語が少しずつ分かるようになってきたら、③④の勉強と同時に英文読解の演習に入ります。

 

『ビジュアル英文解釈』(駿台文庫)は2冊のシリーズになっていて、初心者からでも取り組みやすいのでおすすめ。和訳問題対策にもなります。

『やっておきたい英語長文』(河合塾)もシリーズになっているので、自分のレベルに合わせて取り組めます。解説が十分になされているのでこちらもおすすめできます。

 

このような英文読解の基本的な演習を高2までには済ませ、高3になる前に『英文読解の透視図』(研究社)など、さらにもう一段上のレベルの参考書に移れれば言うことなし。このあたりは時間との勝負ですね。

 

また、塾や予備校に通っている人は、塾で英文読解の問題演習の機会は多くあると思いますので、いま紹介したような問題集ではなく、そちらを活用するのも効率的かもしれません。

 

まとめ

 

高3になる前までに、英語でどのくらいのレベルに達しているのが望ましいかということの目安をお伝えしました。これはあくまで目安ですので、全く同じ問題集に取り組む必要はなく、自分に合ったものを一冊選んで使ってもらえればと思います。

 

(東大合格には、言われたことを鵜呑みにするのではなく、自分で本当に必要なものを考え、判断することも大切です。)

 

それから、手当たり次第に何冊も取り組むのではなく、一冊だけを何回をこなして完璧にするのが大切なので、それは常に頭に入れておいてくださいね。

 

記事中で紹介した以外にも、東大受験生に役立つ記事を多く掲載していますので、ぜひお読みください!

www.asuka-ukaru.com

www.asuka-ukaru.co

www.asuka-ukaru.com