合格(うか)るが勝ち

合格(うか)るが勝ちとは思っていない東大生凡人ブロガーが、東大生にしかわからない東大事情や受験情報について書き記すブログ

東大受験生・国立大学医学部受験生へ!合格者を多数輩出する大学受験塾・予備校

そろそろ大学受験に向けて塾選びを始めなきゃ…と考えている受験生・保護者の皆さん!東大や国立医学部に現役で受かるような高校生はどんな塾に通っているのか、関心をお持ちかもしれません。

 

私も東大に合格してから、様々な東大生の友人と「受験生時代に通っていた塾・予備校」について話してきましたが、一般的に「三大予備校」と呼ばれている、駿台・河合・代ゼミなど大手予備校の出身者は、意外にも(特に現役合格の学生には)少ないように感じました。

 

実は、大手予備校でなくても、東大合格者ランキング上位に名前を連ねている都内有名進学校に通う中学生・高校生を多く集めて、東大や国立医学部など最難関大学に多くの合格者を輩出している大学受験塾があるのです。

 

そのような大学受験塾は、授業の質の高さもさることながら、進学校に合わせたカリキュラム構成や、生徒のレベルの高さ、東大など最難関大学受験生へのサポート体制といった面で、有名進学校の上位層の学生から高い評価を受けています。

 

今回は、そのような、一般的な知名度はそれほど高くないものの、東京近郊に住む東大受験生にはかなり有名な大学受験塾・予備校を紹介します。東京近郊の情報が多くなってしまいますが、ご了承ください。

 

(こちらの記事もどうぞ!)

www.asuka-ukaru.com

 

 

はじめに―塾通いについて

 

「学校はしっかりと大学受験対策をしていますので、東大・難関大志望であっても、塾には通う必要はありません!」と主張する高校・教師もいますが、私は塾に通うことには賛成です。学校の授業では扱いきれない最難関大学の受験対策に特化した勉強ができますし、学校外の仲間と情報交換ができるからです。

 

ただ、塾を妄信し、何も考えずに全ての科目で塾通いするのはおすすめしません。あくまで受験勉強をするのは自分です。自分の勉強プランに組み込んで上手く利用できる科目や、反対にどうしても自分では納得のいく勉強方法が浮かばないという科目だけ塾を利用するようにしましょう。

(塾・予備校に通うメリット・デメリットについては以下の記事でも書きましたのでご覧ください。)

www.asuka-ukaru.com

 

高校の授業も同じで、自分の受験勉強プランに上手く組み込めるときは利用し、反対に、この授業あまり意味ないなと思ったらリラックスする(さすがに学校の授業は欠席できませんので苦笑)など、メリハリをつけましょう。私は高校の授業も受けず塾の授業もとらず(私の高校は私立文系の受験科目にないものは選択科目でした…)に完全独学した科目もありました。

 

www.asuka-ukaru.com

 

 

 

東大・国立医学部をめざす!最難関大学受験に特化した受験塾

 

それでは、ここから、都内有名進学校の学生の間では有名な東大・国公立医学部進学塾を紹介します。

 

①鉄緑会

 

 

東京の代々木にある東大受験専門塾として非常に有名ですね。毎年東大に合格者を多数輩出する都内の超進学校(開成高校や桜蔭高校など)の生徒がほとんどを占めています。ちなみに関西にも灘高校の生徒が多く通う鉄緑会があります。

 

入塾するためには入塾試験に合格しなければなりませんが、なんと、これらのトップ校に通う生徒は入塾試験が免除されるとか。教師は鉄緑会OBの東大生(中でも特に難関と呼ばれる理Ⅲ生や文Ⅰ生)が中心で、彼らが受験生だった頃の鉄緑会の授業ノートや解いていた問題・解説などを受け継ぐような授業がされています。

 

また、宿題は非常に難しい問題が大量に出されます。講師陣は優秀ですが「教えること」のプロではないので、難しい内容の理解に時間のかかる生徒には向いていないかもしれません(そのため必然的に超トップ校の生徒ばかりになるのだと思います)。

 

勘違いされている方も多いのですが、ここに通っていれば誰でも東大に入れるというわけではありません。特に、東大に合格できるのか怪しいレベルの受験生にとっては、問題が難しすぎて、授業についていくのがキツイと思います。他の塾では授業が簡単で物足りず、ハイレベルな生徒のなかで大量の問題をとことんこなしたいという生徒には良いかと思います。

 

②Gnoble(グノーブル)

 

 

都内数か所にある、英語の受験指導に特に定評のある大学受験塾です。英語は文系・理系どちらにとっても必要なうえ、入試でも英語の配点が高い大学が多いので、英語ができるようになることは合格に近づくことにもなるのです。

 

20人程度の生徒が授業を受ける教室はとても広いとは言えませんが、そのぶん教師と生徒の距離が近く、質問しやすい雰囲気があります。教師が生徒を指名して答えさせることも多く、授業時間内にこなす問題量も多いので、授業中は全く気を抜くことができません。

 

ハード授業は時間が1時間延長されることもざらにあり、それだけ熱心に指導してもらえるぶん英語の実力が伸びる人も多いようです。そのため、現役合格率が非常に高いです。

 

③SEG

 

 

新宿にある数学・理科の指導で有名な塾です。扱う問題のレベルはかなり高いですが、問題の本質をつかみ、大学に入った後も通用するような数学的思考力を伸ばすことを目標としています。

 

詰め込みではなく、体系立てながら、なぜそうなるのか?というポイントをしっかりと教えてもらえるので、数学的能力が高い生徒にとっても学び応えがあるようです。

 

また、都内の進学校では数学の授業の進度がかなり速いため、SEGの授業の進度もそれに合わせてかなり速いです。こちらの塾でも例にもれず授業時間の延長が多々ありますが、教師と生徒との距離が近く、授業後には教師へ質問もしやすいです。加えて、数学の成績が優秀なクラスメイトに感化されることもあるようです。

 

④東進(東大特進クラス)

 

 

東進といえば映像型授業が一般的かもしれませんが、東大や難関国立大医学部に合格するレベルの生徒は東大特進クラスという、映像授業ではないいわゆる「生」講義を受けています。

しかも、模試の成績が高ければ(東大模試でA判定、B判定など)授業料が免除されるので、東大に合格するような優秀な生徒のほとんどは無料、もしくは安い授業料で授業を受けています。

 

「今でしょ!」で一躍有名になったあの講師をはじめとして、多くの有名講師の授業を無料で受けるチャンスですので、ぜひ受講してみてください。

 

⑤Z会東大マスターコース

 

 

Z会は通信添削のイメージも強いですが、東大マスターコースは、関東各地の東大受験生にも人気が高いです。東京都内以外にも、横浜などで授業を展開しているため、埼玉や神奈川に住む受験生にも通いやすいでしょう。

 

講師陣は派手なパフォーマンスをするタイプではありませんが、非常に質が高く、添削など丁寧な指導をしてもらえます。特に東大受験においては地歴を含むすべての科目が記述式で、多くの論述問題が課されますので、答案添削等の面倒見の良さは塾選びの際の重要なポイントになります。

 

⑥MEPRO(メプロ)

 

 

東大をめざす中高一貫校に特化した、河合塾による東大現役合格塾です。こちらも東京都内以外でも授業が開講されています。少人数制を掲げていますが、実際は1クラス30人程度と、上に挙げた塾よりは若干人数が多いようです。

 

それでも河合塾で評価の高い講師の授業を間近で受講し、優秀な生徒の中で切磋琢磨していくことで、多くの生徒が合格をつかんでいます。生徒の人数が多くても自分から質問できる人や、自己管理がきちんとできる人には良いと思います。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?大学受験塾選びは受験生本人が納得できるところを選ぶのが大切です。

 

特に受験科目数の多い最難関国公立大学の受験においては、得意科目をさらに伸ばすことで逃げ切りを図るのか、苦手科目の実力をどのラインまで上げる必要があるのかなどの戦略も重要になってきます。どの科目を伸ばしたいのか、どの科目が得意・苦手なのか、添削等の親身な指導が必要な科目はどれかなどをしっかり吟味して塾を選びましょう。

体験授業を行っているところも多いので、参加して決めてみるのも良いと思います。

 

受験生の方はこちらの記事もどうぞ!

www.asuka-ukaru.com

www.asuka-ukaru.com

www.asuka-ukaru.com