合格(うか)るが勝ち

合格(うか)るが勝ちとは思っていない東大生凡人ブロガーが、東大生にしかわからない東大事情や受験情報について書き記すブログ

東大生がおすすめする勉強法に関する本7選!【大学受験生必読】

 

大学受験(特に東大受験)の勉強法に関しては、このブログの記事を隅から隅まで読んでもらえればバッチリです!と言いたいところなのですが、自分に最も適した勉強法というのは、実は個人によって異なります。

そのため、勉強法に関しても、色々な人の意見を取り入れて自分のスタイルを作り上げていくのが、実は最も効率的なのです。

 

そこで今回は、東大生の私も受験生時代に愛読していた、(大学受験にも役立つ)勉強法に関する本を紹介していきたいと思います。色々な方の受験勉強方法論を参考にして、自分の勉強スタイルを確立していってください!

 

勉強法について解説した本を紹介!

 

今回は、受験勉強全般の方法論を解説したハウツー本を紹介します。前半の何冊かは、受験勉強だけでなく、資格試験や日頃の学習など、全ての勉強に活用できると思います。

 

また、こちらで紹介するのはハウツー本であり、参考書ではありませんのでご承知おきください。おすすめ参考書については、このブログの他の記事で紹介しているので、以下の記事などをご覧ください! 

 

東大や難関大学入試の数学の二次試験対策におすすめの参考書・問題集【受験生必見】

東大入試 英語の出題形式に特化した対策問題集・参考書はこれだ

東大生が教える!東大二次試験 古文の対策におすすめの参考書・問題

 

 

『東大生が教える!超暗記術』(徳田和嘉子)

 

 

様々な暗記のテクニックを学べる本です。この本を参考にして自分に合うものを取り入れ、独自の暗記方法を考えるように習慣づけていけば、暗記も苦ではなくなると思います。

 

大学受験だけではなく、資格試験の勉強や仕事など、暗記が必要な状況で役に立つ知識がたくさん書かれています。

中学生にとっても読みやすい本なので、中学生になったお子様が試験前の暗記で苦しんでいるときにも役に立つはずです!(私も中学の頃にこの本に出会い、東大が身近になったような気がして嬉しかった記憶があります。)

 

『偏差値30からたった半年で全国1位をとった僕の勉強法』(泉忠司)

 

 

実際に著者が偏差値30から半年で全国1位をとった実話をもとに、現在の受験生の合格日記という形で受験勉強法を解説したものです。日記形式なので、読みやすいと感じる人が多いと思います。

 

それまで受験勉強を全くしていなかった高校生が、どのような勉強に取り組んだことで成績をアップさせていったのかが紹介されているので、これからどのように受験勉強を始めようかと悩んでいる高1、高2生には特におすすめです。英語の勉強法以外の紹介が少し薄い感じもありますが、受験勉強で一番初めに取り組むべき科目は英語であると(個人的には)思うので、特に受験勉強の初期に参考になるのではないでしょうか。

 

www.asuka-ukaru.com

 

 

『9割受かる勉強法』(松原一樹)

 

東大・早慶・国公立などに9割の合格率を誇る勉強法、とのことですが、大学受験だけでなく、全ての勉強に活用できる学習本です。(むしろこの本だけで東大に9割受かるとは思いませんが…。)

 

勉強法はもちろんなのですが、勉強計画の立てかたや、モチベーションの保ち方といった部分にまで言及している点がこの本の特色です。(ちなみにこのブログでも勉強計画の立て方などを私なりに解説しているので、合わせて活用してみてください。)

www.asuka-ukaru.com

www.asuka-ukaru.com

 

 

『東大生が選んだ勉強法』(東大家庭教師友の会)

 

 

東大生が実践してきた多様な勉強法が紹介されているので、この本を読めば、自分に合う勉強法がきっと見つかるはず!

ある人には効率的だと思われる勉強法が他の人には合わない、という事例もあるので、自分なりに最も良い勉強法を見つける大切さを知ることができる本です。(ちなみにここに書いてある勉強法でも、自分に合わないと思って実践しなかったものも多くありますが、そんな私でも東大に受かったので、参考になるものだけ盗み取ろうというマインドで大丈夫です。)

 

同じシリーズで『東大生が捨てた勉強法』も出版されているので、あわせて読んでみてください!

 

『和田式センター試験突破マニュアル』(和田秀樹)

 

 

大学受験指導家として有名な和田秀樹氏によるセンター試験の戦略本。科目選択や目標ライン別の戦術についても細かく書かれているので、受験を意識し始めた高1生が読むのにも、受験が近づいた高3生が読むのにもおすすめです。

 

著者は下に紹介する『数学は暗記だ!』も含め、受験勉強に関する本を他にも多く出版していて、参考になる部分が多くありました。

高1生には、同著者による『新・受験勉強入門勉強法マニュアル』もおすすめです!

 

『数学は暗記だ!』(和田秀樹)

 

 

数学が苦手だ、という方に向けて、どのように受験数学を勉強していけば良いのか解説した和田秀樹氏による本です。

 

「数学は暗記」とは言っても、問題・解答をそれぞれ丸暗記するのではありません。というかそれでは数学の実力は上がりません。ここで重要なのは解法のパターンを暗記していくことなのです。

 

「数学の解法を考えている時間が楽しい!」と思う方は読む必要が無いかもしれません。(というか、本来の学問の在り方ってそういうのが望ましいのだと思いますが)。反対に、受験で数学が必要だけれど、自分は数学の才能やセンスがない…、と思っている方にはぜひ読んでほしい本です。

 

『東大生が教える 今まで誰も教えてくれなかった本当の東大入試完全攻略法』

 

 

東大模試でも優秀な成績をとり続けた成績優秀者4人による東大入試攻略本です。

東大合格に必要な、各科目の参考書や勉強法などが細かく紹介されているので、東大受験生は必読です。特に東大は記述解答が多いなど、独自の対策が必要な科目も多いので…。

 

このブログの「東大受験」カテゴリーとかを読み漁ってしまう人には特におすすめだと思います。(私は受験生当時、この本を知らなかったので、このブログに書いている勉強法とは被ってないはずです。)

 

まとめ

 

大学受験生におすすめの勉強法に関する本を紹介してみました。時期や受験勉強の進度に合わせて、自分に適した本を選んでみてはいかがでしょうか。

 

このブログでも、東大生が受験勉強法について解説していますので、この記事内で紹介した以外にも、下の記事もぜひお読みください!

(また、よろしければ「東大生ブログランキング」のボタンもポチっとお願いします!)

 

www.asuka-ukaru.com

www.asuka-ukaru.com

www.asuka-ukaru.com